板橋エスペラントクラブ

エスペラント語は1887年にポーランドの医師ザメンホフによって創案された国際補助言語です。ヨーロッパの言語をベースにした単語、シンプルな文法、わかりやすい発音が特徴の、学びやすい言語です。世界で100万人の話者がいると推定されています。わたしたちは、毎月第1・3土曜日、東京都板橋区成増でエスペラント語を学んでいます。言語、国際交流に興味のある方一緒に学習しませんか?

活動報告

2020年2月の活動(2)

2月15日(土)、定例の学習会を開催しました。参加者は7名+ゲスト参加者の8名でした。まず、前回の宿題「出身地」をテーマに基本的な表現での質問・回答の練習をしました。ベテランのゲスト参加者からの質問もあり、楽しい会話練習となりました。 その後、…

2020年2月の活動(1)

2月1日、定例の学習会を開催しました。参加者は7名。今日は、テキスト”La Unua Kursolibro”の第34課の本文を学びました。エスペラント発表から18年後、1905年にブローニュ=シュル=メールで開かれた第1回エスペラント国際大会のお話。約700名のエスペランテ…

2020年1月の活動(2)

1月18日、定例の学習会を開催しました。東京は気温2度、雪が舞う寒さの中、参加者は9名。今日は、テキスト”La Unua Kursolibro”の第33課を学びました。 前回の宿題は、比較級malpliや最上級malplej、仮定法Ho, se ..u!を使った作文。持ち寄った例文を黒板に…

2020年1月の活動(1)新年会

1月4日、今年最初の第1土曜日は定例学習会はお休みして、新年会を開催しました。参加者は8名、近況報告や昔の体験談などで大いに盛り上がりました。今年は、来日した外国人のエスペランティストを招いてはどうかなどのアイデアも。昨年は参加メンバーも増…

6.板橋エスペラントクラブ、4月の活動

第一土曜日、7日には月の例会が開催されました。近況報告、前置詞を多用した作文など。また新入メンバーの学習支援として、入門書「La Unua Kursolibro:最初の教科書」を中心に皆で学びました。会合の後は成増のとある蕎麦屋で一杯やりながらのおしゃべりで…

3.本格使用開始

待望のホームページが完成しました。今日から本格使用開始します。