板橋エスペラントクラブ

エスペラント語は1887年にポーランドの医師ザメンホフによって創案された国際補助言語です。ヨーロッパの言語をベースにした単語、シンプルな文法、わかりやすい発音が特徴の、学びやすい言語です。世界で100万人の話者がいると推定されています。わたしたちは、毎月第1・3土曜日、東京都板橋区成増でエスペラント語を学んでいます。言語、国際交流に興味のある方一緒に学習しませんか?

2020年3月の活動(1)

3月7日(土)、定例の学習会を開催しました。参加者はメンバー7名+見学者1名の合計8名。
 前半は前回の宿題「趣味」に関して、会話の練習をしました。どのような興味を持って、何を趣味としているか、とても興味深いテーマです。語学の学習を離れて、いろいろな質問が自然とでてきます。何かを知りたい、何かを伝えたいという気持ち、また、言いたいことがうまく表現できないというもどかしさも語学学習の大きな原動力だと感じました。

 会話練習の後は、テキスト"La Unua Kursolibro"の第34課のエスペラント作文に取り組み、その後、第35課のテキストの前半を訳読しました。第35課は文法的に重要な要素が多いのでじっくり学びたいと思います。

 さて、次回、3月21日(土)は、例会は開催しますが、コロナウイルスの影響を受けて、「無理せずに集まる」形式となりました。学習内容もテキストは使用せずに自由形式として。エスペラント検定試験対策や疑問点の解決をテーマにする予定です。

 あまり知られていませんがエスペラントにも検定試験があります。国内で受験できるものとしては、日本エスペラント協会(JEI)が実施しているエスペラント学力検定試験1級~4級と世界エスペラント協会(UEA)が実施しているKER試験が挙げられます。KER試験は語学力のレベルを示す国際標準規格であるヨーロッパ言語共通参照枠(CEFR)に基づく試験で、エスペラントの場合はB1,B2,C1の3レベルがあります。語学学習の鍵はモチベーションの維持。興味のある言語の検定試験を受けてみてはいかがでしょうか?(N記)

2020年2月の活動(2)

 2月15日(土)、定例の学習会を開催しました。参加者は7名+ゲスト参加者の8名でした。まず、前回の宿題「出身地」をテーマに基本的な表現での質問・回答の練習をしました。ベテランのゲスト参加者からの質問もあり、楽しい会話練習となりました。

 その後、テキスト"La Unua Kursolibro"の第34課の和訳問題。時間切れのためエスペラント訳問題は次回に持ち越し。

 次回の宿題のテーマは「趣味」。趣味に関して質問/回答の練習をします。
例えば、次のような質問です。
・趣味は何ですか?(Kio estas via hobio?)
・その趣味をいつ始めましたか?(Kiam vi komencis la hobion?)
・何に関して興味がありますか? (Pri kio vi interesiĝas?)
・どのくらいの頻度で・・・していますか?(Kiom ofte vi ... ?)
・どこで・・・?(Kie vi ...?)
・なぜその趣味を始めたのですか?(Kial vi komencis la hobion?)
・将来、趣味として何をしたいですか?(Kion vi volas komenci kiel hobio en la estonteco?)

なかなか難しいテーマですね。楽しく学習していきましょう(N記)。

2020年2月の活動(1)

 2月1日、定例の学習会を開催しました。参加者は7名。今日は、テキスト”La Unua Kursolibro”の第34課の本文を学びました。エスペラント発表から18年後、1905年にブローニュ=シュル=メールで開かれた第1回エスペラント国際大会のお話。約700名のエスペランティストエスペラント語の話者)が世界各国から集まりました。そこに集まった多くの人はエスペラントで外国人と話をしたことがありませんでしたが、実際に参加者同士理解しあうことができたといいます。

 現在でも、自分でエスペラントを学習してらっしゃる方は、実際に会話で使う機会がないのではないでしょうか?エスペラントは言語としても興味深いものですが、誰かと話してみると別な面白さがあります。お近くのサークルや講座に参加して、リアルな異世界体験はいかがでしょうか?

 さて、次回は2月15日は、日本語訳・エス訳問題と、「出身地に関して質問しあう!」です。例えば、出身地はどこか?どのようなところか?大きさは?何が有名か?良いところ悪いところ、好きなところ嫌いなところ、などをテーマに話をします(N記)。

Prezento de Itabaŝi Esperanto-Klubo

Esperanto estas internacia helpa lingvo kreita la pola kuracisto L. L. Zamenhof en 1887. Oni supozas, ke la nombro de parolantoj tra la mondo estas pli ol miliono. Esperanto estas facile lernebla lingvo kun jenaj karakterizaĵoj:
1) Simpla prononco
2) Riĉa vortotrezoro ĉefe bazita sur eŭropaj lingvoj
3) Simpla gramatiko sen esceptoj.

  Ni, la membroj de Itabaŝi Esperanto-Klubo, lernas Esperanton en Narimasu, Itabaŝi-ku, Tokio de la 10-a ĝis la 12-a en la mateno en la 1-a kaj 3-a sabato ĉiumonate.
  Se vi interesiĝas pri lingvoj, internacia interŝanĝo aŭ amikiĝo en Japanio, bonvolu kontakti nin! Ni lernu Esperanton kune.

Retadreso: itabashiesp(AT)gmail.com ((AT) signifas @)

An Introduction of the Itabashi Esperanto club (in English)

Esperanto is an international auxiliary language created by Polish doctor L. L. Zamenhof in 1887. The number of speakers over the world is estimated to be around 1 million.
Esperanto is an easy-to-learn language with the following features:
1) Simple pronunciation.
2) Rich vocabulary mainly based on European languages
3) Simple grammar without exceptions

We, the members of the Itabashi Esperanto club, learn Esperanto at Narimasu, Itabashi-ku, Tokyo from 10 to 12 o'clock on the first and third Saturday of every month. Don't you think it's interesting to communicate with people in Japan in a language other than Japanese?
If you are interested in languages, international exchange, or making friends in Japan, please do not hesitate to contact us! Let's learn Esperanto together.

E-mail: itabashiesp(AT)gmail.com ((AT) stands for @)

2020年1月の活動(2)

 1月18日、定例の学習会を開催しました。東京は気温2度、雪が舞う寒さの中、参加者は9名。今日は、テキスト”La Unua Kursolibro”の第33課を学びました。
 前回の宿題は、比較級malpliや最上級malplej、仮定法Ho, se ..u!を使った作文。持ち寄った例文を黒板に書き、あれこれ議論しました。チームで学習していると、一人で考えているときには思いもつかない発想がでてきて、問題を深く掘り下げることができます。
 学習会の後はいつものように近くで昼食会。こちらも全員参加、賑やかな楽しい会食となりました(N記)。

2020年1月の活動(1)新年会

 1月4日、今年最初の第1土曜日は定例学習会はお休みして、新年会を開催しました。参加者は8名、近況報告や昔の体験談などで大いに盛り上がりました。今年は、来日した外国人のエスペランティストを招いてはどうかなどのアイデアも。昨年は参加メンバーも増え、毎月第1・3土曜日に板橋区成増で開催している学習会はますます賑やかに。2020年も楽しくエスペラントを学んでいきます(N記)。